凡人神のヨノナカシラベ

筋トレ大好きリーマンによる世の中批評ブログ。

オオサカ堂を絶対にオススメしない理由【フィンペシア・ミノキシジル】【AGA】

f:id:bubbleman:20190908154007j:plain

 

  • オオサカ堂って安全なのかな?
  • オオサカ堂でAGAの治療薬を買いたいけど使いたいけどなんか不安...

そんなあなたに向けてこの記事を書いています。

 

AGAの治療に有効とされている

  • フィンペシア
  • ミノキシジル

を一番安く日本で手に入れる方法として、海外からの個人輸入をするという手があります。

 

自分で海外から個人輸入するのは大変ですので、これを代行してくれる会社があるのですが、それがオオサカ堂です。

 

しかし、AGA治療を6年間続けてきた私からしてみれば、

オオサカ堂を絶対に利用するべきではない

と自身を持って言えます。

※ 私のAGA治療体験談はこちらから

→ AGA治療記

 

その理由と安価な代替案をこの記事では紹介します。

 

※ この記事はオオサカ堂を批判するために書いているわけではありません。あくまで個人輸入でAGA治療をしようと思っている人に向けての注意喚起をするための記事です。

 

オオサカ堂とは

オオサカ堂とは、ロイユニオンが運営する医薬品の個人輸入代行サイトです。

 

個人輸入の意味について調べてみますと、

個人輸入についてはっきりとした定義はありませんが、一般的には「外国の製品を個人で使用することを目的として、海外の通信販売会社、小売店、メーカーなどから、個人が直接購入すること」といわれています。

参照:3001 個人輸入とは(カスタムスアンサー) : 税関 Japan Customs

 

日本では処方箋が必要な薬も海外から個人輸入することで安価に手に入れることができます。

 

そのため、お金をなるべく使わずに薬を買いたい層から強い支持を受けています。

オオサカ堂は圧倒的に安い

オオサカ堂で薬を買うと、日本で処方箋を受けて薬を購入するより圧倒的に安いです。

 

AGA治療薬のフィンペシアとミノキシジルについて、AGAクリニック大手の銀座総合美容クリニックと比べてみますと、

  • プロペシア(フィンペシア)
2,000円(オオサカ堂)vs. 7,000円(銀クリ)
  • ミノキシジル
3,000円(オオサカ堂) vs. 10,000円(銀クリ)

※ 各30錠で比較。フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品。

 

オオサカ堂では専門クリニックの3分の1程度の価格で薬が手に入ります。

正直、めちゃめちゃ安いですよね。

 

数字で比較されると、安易に飛びついてしまっても仕方ない気もします。

ですが、ちょっと待ってください。

フィンペシア・ミノキシジル購入のためにオオサカ堂を利用するべきではない理由

安いからといってオオサカ堂で薬を個人輸入するのはオススメしません。

医師の処方なしでフィンペシア・ミノキシジルを購入するべきではない理由は下記の3つです。

  • 薬の個人輸入に関する法的問題
  • 安全性
  • フィンペシアとミノキシジルの副作用

薬の個人輸入に関する法的問題

医薬品の個人輸入は法的にグレーゾーンです。

 

ここで、厚生労働省HP記載の「医薬品等の個人輸入に関するQ&A」を見てみましょう。(参照:医薬品等の個人輸入に関するQ&A|厚生労働省

 

Q 医薬品などの輸入は、薬事法でどのように規制されていますか。

A 医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器は、人の健康や身体等に直接影響するものであることから、その品質、有効性及び安全性について、科学的なデータ等に基づいて確認がなされた製品だけが国内で流通するよう、薬事法によって厳しく規制されています。
 一般の個人が輸入(いわゆる個人輸入)することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。

 

Q 医薬品を個人輸入することは可能なのですか。どのような注意が必要ですか。

A 一般の個人が医薬品の輸入が可能となっているのは、外国で受けた薬物治療を継続する必要がある場合や、海外からの旅行者が常備薬として携行する場合などへの配慮によるものです。
 個人輸入には、原則として、地方厚生局(厚生労働省の地方支分部局)で必要書類を提出し、薬事法に違反する輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、一定の範囲内であれば、特例的に「税関限りの確認」で通関することができます。
 なお、自己判断で使用すると重大な健康被害を生じるおそれがある医薬品は、数量にかかわらず、医師による処方が確認できない限り、一般の個人による輸入は認められません。

 

Q 個人輸入代行業者を介して海外から医薬品などを入手することは、薬事法上は問題ないですか。

A 最近、個人輸入代行と称して、外国製の医薬品や医療機器を広告して、それらの購入を誘引する仲介業者がいます。
 しかし、日本の薬事法に基づく承認や認証を受けていない医薬品や医療機器の広告、発送などを行うことは、違法な行為です。また、何かトラブルが生じても一切責任を負おうとせずに、全て購入者の責任とされます。
 こうした悪質な業者には、くれぐれもご注意ください。

 

 

簡単にまとめると、

  • 個人輸入はOKだが、他人に売ったり譲ったりするのはNG
  • 重大な健康被害を生じるおそれのある医薬品はNG

って感じです。

 

一応薬事法には触れませんが、外国で受けた薬物治療を継続する必要がある場合や、海外からの旅行者が常備薬として携行する場合などへの配慮のために個人輸入を可としているので、厚労省は推奨しておりません。

 

不正な薬販売サイトを撲滅するために生まれたアメリカのレジットスクリプトという団体もオオサカ堂に目をつけています。

(参考:「ロイユニオン」日本をターゲットにする不正オンライン薬局ネットワーク | LegitScript

 

レジットスクリプトは、アメリカ全国薬事評議会連合会に認められている機関であり、グーグルのポリシーを変えるほど力を持った団体です。

 

そのような団体に目をつけられているオオサカ堂で、薬機法でもグレーゾーンの個人輸入をする勇気があるか。

薬事法の穴をすり抜けるような行為をしてまで、安価に薬を買うべきか。というところがまず問題となります。

 

ここは個人の倫理観に任せられるところではありますが、個人的には

やめておいたほうがよい

と思います。

安全性

次に安全性に関しての問題です。

 

安全性に関してもやはり、海外の業者が作ったものを海外の代行業者を通して手に入れるので、不安が残ります。

 

「ブランド製品を個人輸入して偽物だった〜」は笑い話ですみますが、薬はそうにはいきません。

体に取り入れるものなので、やばい成分が入っていたら笑い話じゃ済みません。

 

最悪のケースも想定するべきです。

 

 

ネットに出回る「偽造医薬品」の危ない実態 | 週刊女性PRIME | 東洋経済オンラインでもインターネット経由で手に入れる偽造医薬品に警鐘を鳴らしており、被害に合わないためには

(1)インターネットを利用しない

(2)薬局で薬を買う

(3)やむをえずインターネットを使う場合は、信頼できるウェブサイトを経由して購入する

ことを心がけるべきであると述べられています。

 

万が一、体になにか異常が起こっても全て自己責任です。

 

もし買うなら、相当な覚悟を持って、体を危険にさらす覚悟を持って買ってください。

フィンペシア・ミノキシジルの副作用

フィンペシアやミノキシジルには副作用があります。

 

服用をやめれば症状はおさまる副作用ばかりなので、重篤な状態になることはないとは思いますが、それでも決して無視できません。

 

「クリニックで処方されても副作用が起こる可能性はあるから同じじゃん」

という反論が聞こえてきそうですが、

クリニックでは専門の医師の診断に基づいて、適切な量の処方が行われるので副作用の発生も抑えられます。

 

万が一副作用が起こっても、医師に相談することで対処法やその後の治療の進め方を決めていけます。

 

私自身、クリニックで処方された薬を服用中に病気にかかったり、副作用で毛が濃くなったりなど色々ありましたが、医師に相談することで安心して治療を続けてこられました。

f:id:bubbleman:20190816152139j:plain

AGAの薬を服用しているときに相談できる医師がいないのは不安です。

 

 

個人輸入で薬を手に入れ、服用することには以上のような多くの危険性がはらんでいるわけです。 

オオサカ堂を使ってもOKな人

フィンペシアとミノキシジルを買う際に、オオサカ堂の利用をしてもOKな人は以下の2つの条件を満たす人に限られます。

  1. クリニックで医師の診断・処方を受けたことのある人
  2. 何があっても自己責任で貫ける人

順番に説明していきます。

クリニックで医師の診断・処方を受けたことのある人

クリニックで医師の診断・処方を受けたことのある人は、適切な服用量がわかりますので、個人で治療薬を買うことに関しては問題ありません。

 

ただし、一度医師に相談したほうがよいでしょう。

何があっても自己責任で貫ける人

何があっても自己責任で貫けることも条件です。

 

クリニックでの処方とは違い、薬の個人輸入は上で述べてきたようなリスクが伴いますが、万が一何かが起こった時に誰も責任をとってくれません。

 

完全自己責任で全て受け入れる覚悟がある人しか利用するべきではありません。

 

安易に安さに飛びつくのではなく、上記の二項目を満たす人だけオオサカ堂を利用するようにしましょう。

 

月1万で済む代替案

上記の条件を満たす人のみがオオサカ堂を利用しても良いと書きましたが、

  • 条件を満たさない人が安くAGA治療をするにはどうしたらよいか

という話ですよね。

 

回答はシンプルで、専門のクリニックで医師の診察を受けて処方してもらうことです。

 

「それが高いからわざわざ個人輸入したいと思ってるんだろうが!」

と罵声が飛んできそうですが、現在はクリニックで月1万以内で治療薬を手に入れられます。

しかも、クリニックに通院する必要もありません。

 

その方法とは、オンライン診察を利用する方法です。

 

G.グリーンクリニックでは、

  • オンライン診察対応
  • 治療費月9,000円

でAGAを治すことができます。

 

詳しくは下記の記事に書いております。

関連記事 【自宅で格安AGA治療】G.グリーンクリニックがオススメな理由3つ

 

 

G.グリーンクリニックを利用すると、自宅にいながらスマホ1つで診察を受けられ、郵送で薬を手に入れられます。

クリニックが近くにない人でもこれならAGA治療が可能です。

 

G.グリーンクリニック(HP)では、今ならオンライン無料診察を行なっています。

オオサカ堂を利用して安く薬を手に入れたい人も、まずは専門の医師の診察を受けて治療を始め、しばらく薬を服用してから個人輸入に移行するべきです。

 

安全に、かつ手軽に安くAGA治療を開始したい人にはベストな選択肢かと思います。

  • オンライン無料診察はこちらから

→ G.グリーンクリニック(公式HP)

 

※ 私自身は銀座総合美容クリニックでAGAを治しました。新橋近くに在住で、通院して薬を処方して欲しい人はかなりオススメのクリニックです。

無料カウンセリングはこちらから(1分で完了する簡単WEBフォーム)→ 銀クリAGA.com

/

まとめ:オオサカ堂は利用せずに自宅でAGA治療がベスト

オオサカ堂の利用には様々な大きなリスクが伴うことがおわかりいただけたでしょうか。

ネットでは、「オオサカ堂を実際に使っているけど安全だよ!」という意見も散見されますが、全員が全員そうなのかは甚だ疑問です。

 

危険な目にあわずにAGAを確実に治していくには医師の診察・処方がマストです。

月1万もかからないので、まずはオンライン無料診察で専門の医師に相談してみましょう。

 

「あのとき、安さだけを求めて個人輸入なんてしなければよかった....」なんてことにならないように、将来を見据えた決断をしていきましょう。

  • オンライン無料診察はこちらから

→ G.グリーンクリニック(公式HP)

→AGA治療記一覧へ