凡人神のヨノナカシラベ

KO大学院生が世の中のあれこれを批評するブログ。

就活に使う筆箱ってどんなのがいいの?|就活生の疑問を徹底解決

f:id:bubbleman:20180726103621j:plain

  •  就活に使う筆箱(ペンケース)ってどんなのがいいの?

真面目な就活生なら一度は考える疑問です。

私が就活生のときは、筆箱は持ち歩かずペン一本だけしか持ち歩いていませんでした。

しかし実際は、黒のボールペン以外にシャープペン、消しゴム、赤ペン、はさみ、のりなどもあったほうが便利。

履歴書の写真を切ったり貼ったりと、何かと筆記用具は使いますからね。

 

さて、本題に移ります。

就活生はどんな筆箱を持ち歩けば良いか。

筆箱はなんでもいいが、極端に派手なものは避けた方がいい

筆箱に限らず、就活グッズに関しては総じてこういえます。

筆箱で合否が決まるわけではないけど、人間には印象というものがあるので、知らず知らずのうちにマイナスイメージをもたれてしまうかもしれません。

心配しすぎるのはよくありませんが、少しでも心配を払拭するために無難な筆箱を買っておくのもよいでしょう。

シンプルな革製の筆箱が長く使えてGOOD

革製のシンプルな筆箱は社会人になってからも長く使えますからね。

安く済ませたい人向け

このようなものでいいと思います。色の展開も豊富なので、派手すぎない色をチョイスすればOKです。

ちょっといいものが欲しい人向け

栃木レザーのヌメ革が使用されており、触り心地はソフトです。

日本製で上質なペンケースが欲しいならこれで決まり。

経年変化も楽しみたい人向け

White House Coxは1875年に創業したイギリスの老舗革小物メーカーで、日本での人気が非常に高いです。

ペンケースの革はブライドルレザーで、経年変化(エイジング)を楽しめるので、この先長く使っていきたいならおすすめ。

わざわざ買わなくてもいいけど、あって損はないよって話 

この記事でも書きましたが、結局就活グッズなんて悪目立ちしなければなんでもよいです。

あんまり深く考えずに、もっと重要なこと(面接の対策など)に精を出していきましょう。

 

おすすめ記事