凡人神のヨノナカシラベ

KO大学院生が世の中のあれこれを批評するブログ。

数字で徹底比較|牛丼チェーン店 VS 家の牛丼、栄養素・カロリーは違う?

f:id:bubbleman:20180813163008j:plain

牛丼は日本人なら誰でも好きな食べ物。

今や、日本国中に牛丼チェーン店が乱立し、どこでも手軽に牛丼を食べられる環境が整っています。

私も学生でなので、よく「松屋」「吉野家」「すき家」でご飯を済ませます。

しかし、やはり健康な食生活を心がけたいところ...

そこで今回は、

  • チェーン店の牛丼の栄養価は、家で作る牛丼とどれぐらい違うのか?
  • 家で作る方がやはりヘルシーなのか?

を調査しました。

すると驚きの結果が....

 

 

牛丼チェーン店の3大栄養素

f:id:bubbleman:20180813161458j:plain

出典:松屋

今回調査に用いる牛丼チェーン店は、「松屋」「吉野家」「すき家」「なか卯」の4店とします。

この4店舗の牛丼並の3大栄養素の平均を取り、値を算出します。

結果がこちら。

f:id:bubbleman:20180813150019p:plain

3大栄養素(牛丼チェーン店)

具材・白米の平均グラム数は mitok(ミトク)さんの調査により、具材77.8 g、白米300gでした。

牛丼チェーン店
  • タンパク質:20.6 g
  • 脂質:18.4 g
  • 炭水化物:99.0 g
  • カロリー:679 kcal

次に、家で作る牛丼の3大栄養素を計算します。

家で作る牛丼

f:id:bubbleman:20180813161539j:plain

家で作る牛丼は、白ごはん.comさんのレシピを参照します。

ただし、具材と白米のグラム数はチェーン店の平均(具材77.8 g、白米300g)と合わせます。

肉と玉ねぎの割合は5:3としました。

結果がこちら。

f:id:bubbleman:20180813145432p:plain

3大栄養素(家庭)
家庭の牛丼
  • タンパク質:16.5~19.0 g
  • 脂質:9.4~16.9 g
  • 炭水化物:132.5 g
  • カロリー:691~748.1 kcal

3大栄養素・カロリーはあまり変わらない

f:id:bubbleman:20180813162029j:plain

お気づきでしょうか...。

牛丼チェーン店で作る牛丼と家で作る牛丼の3大栄養素およびカロリーは、ほとんど変わらないという結果になりました。。

漠然と家で作る方がヘルシーじゃね?と思っている人は多いかもしれませんが、そんなことはないと、数字が証明してくれました。

もちろん、使う牛肉を脂身の少ないヘルシーな部位にしたり、白米の量を減らしたりすることで栄養素・カロリーの調整はできます。

しかし、いわゆるみなさんがイメージする一般的な牛丼を作った場合は、牛丼チェーン店と変わらない。という結果になりました。

これが何を意味するかいうと、

外で食べても家で食べても、同じように太る

ということです。

これは牛丼に限った話ではありません。

ダイエット中だけど、家ならなんでも食べてもいい。そういうわけではないのです。

牛丼チェーンと家、何が違うのか?

食材の品質

f:id:bubbleman:20180813162042j:plain

外食チェーン店は、なるべく安く料理を提供するため、食材の原価を抑えようとします。

すると、中国産の野菜といった、消費者としては敬遠したくなるような食材を使わざるを得ません。

そのような食材が体にいい/わるい は置いといて、現実としてそういった食材が使われています。(松屋・すき家の玉ねぎは季節によって中国産を使用)

家で作る場合、自分で食材を選んで買うのでその面、安心感があります。

添加物

f:id:bubbleman:20180813162100j:plain

味をよくするため。外食では多量の添加物が使われています。

松屋は「無添加」をうたっていますが、松屋独自基準で「無添加」なだけで、添加物が全く入っていないわけでありません。

添加物の体への影響は、さまざまな議論がありますが、添加物をなるべくとりたくない
!という人は家で作って食べるのがよいでしょう。