凡人神のヨノナカシラベ

KO大学院生が世の中のあれこれを批評するブログ。

食事制限だけでは意味なし!?ダイエット中に筋トレをするべき本当の理由

f:id:bubbleman:20180930170610j:plain

  • ダイエットって食事制限だけしとけばいいんでしょ

 そう思っているあなたは 危険 です

食事制限だけでは、筋肉を削ぎ落とし、逆にカロリーを消費しづらい体になってしまいます。

この記事では、ダイエット中に筋トレも行なうべき本当の理由を紹介します。

この記事を読めば、どうすれば効率的に痩せられるか、リバウンドしにくい体を作れるかがわかります。

太る仕組み・痩せる仕組み

 

 

消費するカロリーに対して、口から摂取するカロリーが上回ると、そのカロリー分だけ体に脂肪となって蓄積し、太ります。

逆に、消費カロリーが摂取カロリーを上回ると、痩せます。

そのため、痩せるためには

消費カロリー>摂取カロリー

を守ることが絶対条件です。

この条件を満たし、体重を減らすために私たちができることは、

  1. 摂取カロリーを減らす
  2. 消費カロリーを増やす

の2択しかありません。

1番目の「摂取カロリーを減らす」=「食事制限」 にあたります。

2番目の「消費カロリーを増やす」は、運動をすることでカロリーを燃焼したり、筋肉をつけて基礎代謝をあげることにあたります。

基礎代謝とは、生きているだけで消費するカロリーのことで、筋肉の量に比例します。

 

上の条件から、理論上食事制限だけを行なうことで痩せることは可能です。

しかし、食事制限だけでダイエットを行なうことには様々な弊害があります。

やみくもな食事制限は筋肉も削る

食事制限をし、カロリーを落とすと脂肪は簡単に落ちます。

しかしながら、やみくもにカロリーを減らすだけでは筋肉量も減らしてしまうことにつながります。

前述のとおり基礎代謝は筋肉量に比例するので、やみくもな食事制限は一時的な体重減少とひきかえに、消費カロリーを減らしてしまうのです。

消費カロリーが減ると、さらに摂取カロリーを減らさないといけなくなるので、食事制限の無限ループに突入してしまいます。

筋肉は年々減っていく

筋肉は、体が成熟しきった20代を絶頂とし、30〜50歳までは年0.5〜0.7%、50〜80歳までは年1〜2%の割合で減少していきます

その結果、筋肉量の維持につとめずに過ごしていると、50歳には20歳の筋肉量の80%、80歳には20歳の50%に落ちてしまいます。

「20歳のときは全然太らなかったのに30代になってお腹がぽこっと出だした」

なんていう中年太りの原因は、この筋肉量の減少によるものです。

筋肉量の減少を食い止めない限り、毎年食事を減らし続けなければならないのです。

 

筋トレをすることで、筋肉量を維持・増加させることができ、食事制限の無限ループから抜け出せます。

筋肉を1キロつけると2.5キロ痩せられる

筋肉を1 kg増やすと、1日あたりの消費カロリーが最大50 kcal増えると言われています。

たかが50 kcalですが侮ることなかれ、1年分に換算すると1万8250 kcal、すなわち体重換算で2.5 kgに相当します。

長い目で見ると、筋肉をつけることが痩せることに直結するのです。

 

筋肉の増加は消費カロリーの増加につながるだけでなく、脂肪燃焼に直接貢献することも知られています。

筋トレで筋肉を刺激すると、筋肉から「イリシン」というホルモンが分泌され、体脂肪を燃焼する細胞が増加します。

したがって短い目で見ても、筋トレが脂肪燃焼につながります。

一度つけた筋肉は週1で維持出来る

食事制限の無限ループを抜け出すには、死ぬまで毎日筋トレをし続けなければならない、そんなことはありません。

週に1回筋トレをするだけで、一度つけた筋肉を維持することができます(筋肉量によりますが)。

したがって、最初の3ヶ月、半年、1年だけしっかりと筋トレをして十分な筋肉量をつければそのあとは、週に1回筋トレをするだけでよいのです。

ジムに通わないと効率的に筋肉はつかない

最初にしっかりと筋肉をつけてしまえば、あとは維持するだけでいいと言いましたが、短時間で効率的に筋肉をつけるためにはジムでのトレーニング必須です

トレーニング頻度は週2回でOKです。

 

よく

「家で筋トレして筋肉をつけたいけれど、どうすればいいですか」

といった質問をみかけますが、はっきり言って家でちまちまと筋トレをすることは時間の無駄です。

筋肉を大きくするには、高負荷トレーニングが最適です。これは、人類がこれまで培ってきた筋肥大に関する叡智のうち最重要かつ大前提の知識です。

 

もちろん、自重(自分の体重)を使ってトレーニングしても、毎日コツコツすれば1年後、2年後には少々の筋肉はついているでしょう。

しかし、毎日コツコツ家で筋トレをして出来上がった1年後の体よりも、週に2回のジムトレーニングで培った3ヶ月の体の方が、筋肉がついているのは明らかです。

そもそも、毎日コツコツ家で筋トレをできる人が、ダイエットで悩むわけがないのです。

効率的にダイエットを進めていきたい人はジムに通うのが最短のルートなのです。

 

おすすめのジム

ゴールドジム

f:id:bubbleman:20180702231441p:plain

おすすめのジムはゴールドジムです。

多種多様な器具、経験豊富なスタッフがいるので、無駄な努力を極力することなく、着実に筋肉をつけ痩せられます。

こちらの記事では、ガリガリの筋トレ初心者にとってゴールドジムが最適であることを解説していますが、ポヨポヨの筋トレ初心者にとっても同じことが言えます。

パーソナルジム

フィットネスジムに通うよりも短期間で効率的に筋肉をつけ、確実に痩せたい人はパーソナルジムが最適です。

パーソナルジムでは、トレーナーが自分にあったトレーニング内容を組んでくれ、マンツーマンで徹底的に指導してくれます。

 B-CONCEPT

  • 圧倒的低価格
  • 完全個室のマンツーマン式
  • 業界最長の6か月という無料トレーニングが付くアフターフォロー
  • リバウンド防止に重点

を特長とするパーソナルジムです。

モデルが通いたいと思う最もリバウンドしない短期集中ダイエットジムNo.1に選ばれており、その実績も折り紙つきです。

f:id:bubbleman:20180930164545j:plain

雑誌an・anTarzanにも掲載される、今話題沸騰のパーソナルジムです。

 

サプリメント販売など怪しげなこともしておらず、純粋に体を変えたいと思っている人にはぴったりなジムとなっています。

まとめ:ジムに通ってダイエットを効率化しよう

食事制限だけでは体重は減りますが、同時に筋肉も落ちてしまいます。

ジムに通って効率的に筋肉をつけ、リバウンドのしない引き締まった体を作っていきましょう。