凡人神のヨノナカシラベ

KO大学院生が世の中のあれこれを批評するブログ。

大学生はジムに通え!|圧倒的3つのメリット

f:id:bubbleman:20180804111617j:plain

  • 大学生だけどジムに通おうか迷っている
  • 大学生1人でジムに通うのってどうなのかな

そんな人に向けてこの記事を書いています。

私もジムに通うかどうか迷い、結局通わず数年間の時間を無駄にした経験があります。

最初の一歩踏み出すのがめんどくさかったり、お金がかかるからといって諦めたり、様々な理由がありますが、大学生から今までずっとジムに通い続けている私から言わせてもらうと、

「お金をかけてでもジムに行った方がいい」

そう断言できます。

この記事では、その理由となる大学生がジムに通う圧倒的メリットを3つ紹介したいと思います。

 

 

 

ジムの相場

f:id:bubbleman:20180804110832j:plain

学生料金や時間帯をうまく選ぶと、最安で7000円ぐらいになるはずです。

7000円は大学生にとってはバカにならないですよね。

大学生のアルバイト収入は平均3.85万円

参照元:大学生の実態調査2016|リクルートキャリア

収入の5分の1を費やしてまでジムに通う必要があるのか。

その疑問に答えていきます。

大学生がジムに通うメリット

堕落した生活から抜け出せる

f:id:bubbleman:20180707183324j:plain
あなたの生活、めちゃくちゃ堕落してませんか?

朝起きたら昼前で、昼からだらだらと学校に行き、ぼーっとしながら授業をきく。

バイトやサークルまでの時間は友達とダラダラ喋って、夕方過ぎからようやくちゃんと活動し始める。

大学生の8割はこういった生活をしていると思います。

私もそうでした。

楽しい大学生活のはずなのに、なぜか物足りない。

時間はたくさんあるけど充実していない。

そのようなモヤモヤを抱えながらも、人間はダラダラ過ごしてしまうものなのです。

 

ジムに通うことでこのような状況を脱せます。

ジムで体を鍛えることは楽なことではありません。

楽ではないことに自らの意思で取り組み、やりきると清々しい気持ちになれます。

高校のときの部活のように、苦しいけど充実している。それに似た状況を作り出せます。

時間は腐る程あるはずです。

1日3コマ授業があったとしても、拘束時間はせいぜい5時間程度。

7時間睡眠を仮定して、活動時間を17時間としても残り12時間あるわけです。

だらだら過ごす1時間をジムの時間に割くだけで、1日の生活にメリハリがつき、充実感が得られるのです。

物事を継続する力がつく

f:id:bubbleman:20180804110859j:plain

物事を継続する力って本当に大事です。

たいていのことは時間さえかければ修得したり、乗り越えられたりするのに、それがなかなか難しい。

勉強なら365日10時間すれば、才能がなくたって上位10%の大学ぐらいには入れるだろうし、スポーツだって毎日朝から晩まで練習すれば全国一位は無理だとしても地区で上位に入ることぐらいは可能でしょう。

そうはわかっていても努力を継続することは難しいのです。

ついさぼってしまう、それが人間です。

しかし、それはしかたのないことと受け入れつつも、継続する力を鍛えておくことは大事です。

継続することの基礎体力をつけておけば、継続することが当たり前になり、苦じゃなくなります。

社会に出ても様々な苦難が待ち構えていると思いますが、大学時にそれを乗り越える基礎体力=継続する基礎体力を身につけておくことで、困難も打破しやすくなります。

すなわち、将来の自分を救うことになります。

特に筋トレはやればやるだけ成果が出るので、継続するモチベーションがわきやすく、継続の練習にはうってつけです。

健康になる

f:id:bubbleman:20180804110917j:plain

あたりまえですが、運動をすることで健康な体を手に入れられます。

身体活動量が多い者や、運動をよく行っている者は、総死亡、虚血性心疾患、高血圧、糖尿病、肥満、骨粗鬆症、結腸がんなどの罹患率や死亡率が低いこと、また、身体活動や運動が、メンタルヘルスや生活の質の改善に効果をもたらすことが認められている。

出典:身体活動・運動|厚生労働省

若いからまだ大丈夫!

そう思っているあなたは一番やばいです。

若い頃に運動習慣をつけておくことが将来の健康のためには肝心です。

比較的時間のある大学生の時期に、運動習慣を身につけておくと、社会人になって忙しくなっても続けて運動できるでしょう。

 

まとめ:ジムに通わないという選択肢はない。

f:id:bubbleman:20180804110941j:plain

社会に出る前最後の準備期間の大学期にジムに通うことの重要性がおわかりいただけたでしょうか。

自己投資のために7000円払うのが安いか高いかはあなた次第ですが、間違いなく金額以上の対価があります。

ジムに通うか迷っている人はこれを期に通うしかない!

「よし!ジムに通おう」

と思ったあなたにはこちらの記事を。