凡人神のヨノナカシラベ

KO大学院生が世の中のあれこれを批評するブログ。

松屋のカレーのカロリーは?CoCo壱番屋(ココイチ)と比較して判明した意外な事実

f:id:bubbleman:20180814160650j:plain

  •  松屋のカレーのカロリーは高い?

そんな疑問にこの記事では答えていきます。

ダイエット中の人もそうじゃない人も、自分が摂取するカロリーは知っておいて損はありません。 

今回は松屋のカレーをCoCo壱番屋(ココイチ)のカレーのカロリーと比較していきたいと思います。

 

 

 

一般的なカレーのカロリー

f:id:bubbleman:20180814155436j:plain

カレーライスの標準的なカロリーは並盛1皿600~700キロカロリーくらい。一般的な体型の女性が1日あたり摂りたいエネルギー量は1600~2000キロカロリーくらいですから、1食分のカロリーとしてはさほど問題ありません。安心していただきましょう。 

出典:カレーライスのカロリーをおさえる方法 | House E-mag | ハウス食品グループ本社

家庭で固形のカレールーを使って作る一般的なカレーのカロリーは600~700 kcal

意外とカロリーはそこまで高くはありません。

カツ丼や天丼のカロリーは約800 kcalですので、これらの丼を食べるよりはカロリーは抑えられます。

松屋カレーとココイチカレーの比較

f:id:bubbleman:20180814155635j:plain

出典:松屋

f:id:bubbleman:20180814143656p:plain

トッピングをすればカレーのカロリーはいくらでも増えるので、トッピングのないカレーで比較したいと思います。

なので、松屋のオリジナルカレー、ココイチのポークカレー・甘口ポークカレー・ビーフカレー・ベジタリアンカレーで比較します。

松屋

  • オリジナルカレー       655 kcal

CoCo壱番屋(ココイチ)

  • ポークカレー              755 kcal
  • 甘口ポークカレー       720 kcal
  • ビーフカレー               871 kcal
  • ベジタリアンカレー    726 kcal

となりました。

松屋のカレー方がココイチのカレーより脂質が少なく、カロリーも少ないのでヘルシーだとわかります。

値段を比較しても、松屋のオリジナルカレーはココイチのポークカレーより83円安く、リーズナブルです。

しかしながら、ココイチはカレー専門店だけあって、ルーは松屋よりこだわっているので、この83円の差は許容できるのではないでしょうか。

ダイエットにカレーは向いているか?

ダイエットに向いているか向いていないかと言われたら、向いていません

脂質・炭水化物ともに少ないとは言えないからです。

しかし、工夫によってはカロリーを減らすことができます。

ご飯の量を減らす

ご飯のカロリーはバカになりません。

f:id:bubbleman:20180809162151j:plain

一般的なカレーのご飯量300 gのカロリーは500 kcalなので、ご飯を半分にするだけで250 kcal抑えられます。

ココイチのカレーはご飯の量をハーフにできますし、松屋のオプションはないですが、店員に言えば減らしてもらえます。

ダイエット中でカロリー制限しているなら、ご飯を減らしましょう。

カレー粉を使って自炊する

f:id:bubbleman:20180814155543j:plain

市販のカレールーは食用油脂や小麦粉が含まれており、カレー粉よりカロリーが高めです。

カレー粉とトマト缶を使ってカレー作るだけで、市販のカレールーを使うよりもカロリーを抑えられます。

おすすめはこちら。家でも人気店のような本格的なカレーが作れます。

 

また、具材もヘルシーなものにすることで、さらにカロリーを抑えられます。

たとえばお肉を脂肪の少ない部位にする(牛バラ肉を、牛モモ肉や皮なし鶏もも肉にするなど)とさらにGOODです。

筋トレYourtuberのSHOさんが動画で紹介している、特定原材料7品目不使用のバーモントカレーを使って作ってもよいですね。


【一皿脂質3g】低脂質カレーの作り方【バーモントカレー】

 

まとめ:松屋カレーはココイチのカレーよりややヘルシー

松屋のカレーは、ココイチのカレーより少しだけカロリーが少ないことがわかりました。

とはいえ、ダイエットをしている人は松屋カレーのご飯少なめにしましょう。

もっとカロリー制限をしている人で、どうしても食べたい人は、カレー粉とヘルシーな具材を使って自炊すればOKです。

食べるもののカロリーをしっかりと把握して、健康的な食生活にしていきたいですね。